072-734-6166

コアキッズの療育は、一人一人に寄り添った完全オーダーメイドです

おそらく私たち親の時代にはクローズアップされていなかった発達障がい。

今の時代に生まれていたら私も発達障がいで同じように療育に行くように言われていただろう。

ある見学の方から先日きかれました。

コアキッズでは療育らしいことはされていますか?と。

そこで、療育とはそもそも何なのか?あらためて考えてみようと思う。

 

療育とは一般的に、障害のあるお子さまやその可能性のあるお子さまに対し、個々の発達の状態や障害特性に応じて、今の困りごとの解決と、将来の自立と社会参加を目指し支援をすること(リタリコ発達障害ナビHPより引用)とあります。

これを紐とくと、本人が自分の持つ特性をうまく生かしたり、苦手な部分をカバーする方法を手に入れながら毎日の生活の質を(QOL)を向上させていくことだと考える。

つまり、しんどい部分や困っている部分の背景を考えずに修行のようにくりかえしたり褒美をあたえてその場だけ変わったように感じる方法は得策ではないように思う。

私は今まで大人の期待に応えようと必死に頑張る子どもたちをたくさん見てきた。きちんとした評価も得られず、もうすぐ小学校にいくから字を書けるようにと言われ続け「ぼくはバカなんだ」と言いながらある日を境に自傷をはじめる子、苦手な感覚をなんどもさせられ震えるほど泣いている子。

いずれも、大人が作り出した誤った療育と言わざるを得ない。

療育が自信を奪い、二次障害をひきおこしてしまっている。

 

私は、今までの経験から絶対に訓練という言葉の療育をしたくなかった。

それで幸せに楽しく生きている子どもを感じることができなかったからだ。

子どもそれぞれの評価を正しく行い、それぞれに必要な支援を考察し、遊びの中で発達を伸ばす。

これは、ただ遊んでいるだけと思われるが、子どもは本来ただ遊んでいるだけで十分成長する。しかし、発達障害といわれる子どもたちはなかなか自分で遊びを展開することが難しい。そこで、私たち支援者が効果的な遊びをその都度いれていくことで、持って生まれた力をよりひきだすお手伝いをする。

 

私たちコアキッズの療育は、この生命力をひきだすというモンテッソーリ教育のメソッドを中心に「日常生活の中で生きていく力を楽しみながらひきだすこと」「遊びの中に効果的なプログラムをいれること」で発達を促します。

また、困りごとの手だてをその背景から考える為、決まったトレーニング方法などはありません。

一人一人に寄り添った完全オーダーメイド療育を展開していきます。