072-734-6166

アドバイザー西村先生との出会い

まだ、ホームページもなく告知も何一つ出していない時から当施設にお問い合わせを頂いた利用者様のほとんどが、アドバイザー西村先生のYOUTUBEを見てというのが多かったのですが、私が西村先生を知ったのはツイッターでした。

当時、まだ息子に障害があるとは分かっておらず、療育施設で勤務していた時でした。

当時の現場で働けば働くほど分からないことだらけでもっと勉強したいと思い西村先生の講座を受けにいきました。

「障がいがあってもなくても子育てはきっと楽しい」「子供は遊びながら成長する」というフレーズが印象的でした。

具体的な学習支援の方法をきけて、あの日の学びは小学生になった息子の支援にすごく役に立ってます。

 

それからしばらくして、子どもに障がいが分かり、役所に教えてもらいながら体験見学などしていきましたが、なんとなく納得いかず、ただただ疲弊していくばかりでとにかく疲れていきました。

ふっと、楽しい療育をもとめ、西村先生に神戸だけど行ってもいいですか?とご連絡し体験に行かせてもらいました。

 

型にはめず、息子のやりたいことを観察し、家族やまわりの大人がどのように関わっていけば息子が生きていきやすいか、より成長を促すことができるのかを具体的にアドバイスして頂き、実際に家に帰りその日からオーバーアクションで短い言葉で伝えていくなどした結果、かんしゃくなどが少しずつ減って伝わることが増えていきました。

これが、きっと効果的な療育なんだ。私もお膝にのせてお返事させたり、走り回る息子をおいかけずに自由にさせていいことに気持ちが楽になりました。

 

「この子は動きながら学ぶ子」その言葉にはっとさせられました。

 

一人ひとり課題が違うのだから同じことをみんなでさせるのでは効果的ではない子もいるとこの時感じたことが、今のコアキッズの原点にもなっています。

ゆずさんのような、ひとりひとりの課題に根拠をもって答えられる療育施設をつくりたいという思いからスタッフ研修をお願いしたところ、快くコンサルタントまでひきうけてくれました。

お忙しいのに引き受けてくださった理由を「子供たちの味方を増やしたい」西村先生はそうおっしゃいました。

 

コアキッズのスタッフは、入職時西村先生の研修を3シリーズうけて現場に入っています。

またいつでも相談できる体制をとっており、常に根拠ある療育をできる体制づくりができています。

 

あの日、悩んで勉強会に参加した自分を褒めたいなぁと思います。

そういえば、あの勉強会でスタッフ大門とも出会ったんだよなぁ~。